私がなりたいモノ


私は星になりたい
どんな人でも見守れるから

私は時になりたい
すべてのモノに未来を与えるから

私は光になりたい
暗闇の場所に輝きを灯せるから

私は海になりたい
あらゆるモノと繋がれるから

私は土になりたい
生きようとする命を育めるから

私は空気になりたい
いろんなのモノに必要とされてるから

私は木になりたい
争うことをしないから

私は風になりたい
罵る思いを持たないから

私は人になりたい
生きる喜びを知りたいから


作詞:クァン
[PR]
# by niceness | 2006-09-25 01:38

Equinoctial week.

a0018199_181535100.jpg
家族、友人、恋人、地位、財産、名誉..

今、自分の目の前にあるものがいつ消えて無くなっても、自分自身を見失うことがないように、しっかりした心の依りどころを持とう。

天国にいるお姉ちゃん、いつも見守ってくれてありがとう。

[PR]
# by niceness | 2006-09-24 18:13 | flower

Turning Point.

a0018199_23353954.jpg

能力で決まるんじゃない。
過去は変えられないけど、未来は変えられる。

能力で決まるんじゃない。
どんな選択をしたかで決まる。

今があなたのターニングポイント。

[PR]
# by niceness | 2006-09-19 23:57 | think

Do not do.

夜の火遊びはやめなさい。
グラスに口紅を残さないように。
不意に二人きりにならないように。
誰かれかまわずキスするのはやめなさい。
ぬいぐるみを抱いて寝るのはやめなさい。
お酒に弱いフリをしなさい。
カフェインを摂り過ぎないように。
タトゥーなんて、絶対ダメ。
向こうからアプローチしてくるまで待ちなさい。
つまみ食いはやめなさい。
カラオケマイクを独り占めしてはいけない。
やたらにアタックするのはやめなさい。
食事中に脚を組むのはやめなさい。
ヒールは彼よりも背が低くなるように。
父親を心配させてはいけない。
毎日合コンするのはやめなさい。
ケバケバしい服はやめなさい。
思わせぶりな態度をとってはいけない。
彼からのプレゼントを質屋にもっていくのはやめなさい。
大盛りの注文はよしなさい。
年相応の服装を心がけなさい。
夜遊びはほどほどにしなさい。
オールで遊んで、そのまま会社に行くのはやめなさい。
行きずりの恋はやめなさい。
感情的になるのはやめなさい。
ウソをついてはいけない。
奇抜な色のネイルはやめなさい。
大声で笑うのはやめなさい。
二日酔いになるほど飲んではダメ。
歩きながらの携帯メールはやめなさい。
賭け事はやめなさい。
周りが見えなくなるような恋愛はやめなさい。
夜9時以降の飲食はやめなさい。
朝帰りはやめなさい。


いけないこと、してみたい。


引用元:LEVI'S LADY STYLE
[PR]
# by niceness | 2006-09-09 21:20

Sensibility aspect and Material aspect.

ある日、大変なお金持ちが、息子を連れて田舎へ行きました。
息子に、世の中の人々が実際にどれほど貧しいのかを見せようと思ったのです。
 そしてその父親と息子は、田舎の大変に貧しい農家で数日を過ごしました。

 田舎での滞在を終えて帰る道中、父親は息子に「どうだ?」と尋ねました。
「とってもよかったよ、お父さん」
「どんなに貧しいか、わかったかい?」と父親が聞きました。
「そうだね。よくわかったよ」と息子は答えました。
「おまえはこの旅で何がわかったんだい?」

 息子はこう答えました。

「僕たちの家には犬が1匹しかいないけど、あの農家には4匹いたよ」

「僕たちの家には、庭の真ん中までのプールがあるけど、あの人たちのところには、どこまでも続く川があるんだね」

「僕たちは輸入したランタンを庭に下げているけど、あの人たちのところには夜、満天の星空があるんだね」

「僕たちは、小さな地面に住んでるけど、あの人たちの住んでいるところは、見えないぐらい遠くまで広がっているんだね」

「僕たちには、僕たちに奉仕する召使いがいるけど、あの人たちは、他の人たちに奉仕しているんだね」

「僕たちは自分たちの食べ物を買うけど、あの人たちは自分たちの食べ物を育てているんだね」

「僕たちの家の周りには、僕たちを守るための壁があるけど、あの人たちには守ってくれる友だちがいるんだね」

 息子の返事に、父親は言葉を失いました。

 そして、息子はこう言いました。

「お父さん、僕たちがどんなに貧しいかを見せてくれてありがとう」

物質的な価値観にとらわれた父親が気づいたことは、まったく新しいことではありません。
ただ「忘れていた」ことだったのです。

[PR]
# by niceness | 2006-08-16 15:26