カテゴリ:未分類( 42 )

We are the world.

朝のリレー       作詞:谷川 俊太郎

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ
[PR]
by niceness | 2006-11-05 22:46

luxury.

長年、愛用していた香水を変えてみました。

2006年ブルガリの新作、ローズエッセンシャル。
バラの崇高でゆるぎない美しさ、官能性をたたえて表現された
大人の女性に相応しい高級感溢れるフローラル。

ローズをふんだんに配合した香りはフローラルローズシプレー。

トップノートではオスマンローズ、バイオレット、ブラックベリーが甘く、柔らかく香ります。

ミドルノートではサンバックジャスミン(中国産)、プレリュードローズ、グラースミモザが子供っぽくない完成された清楚&気品を感じさせます。

ラストノートではパチュリ、ムスク、サンダルウッドがソフトで温もりのある香りに変化します。

とても可憐で上質な薔薇の香りが魅惑的な香りです。
a0018199_15383512.jpg
[PR]
by niceness | 2006-10-14 15:38

私がなりたいモノ


私は星になりたい
どんな人でも見守れるから

私は時になりたい
すべてのモノに未来を与えるから

私は光になりたい
暗闇の場所に輝きを灯せるから

私は海になりたい
あらゆるモノと繋がれるから

私は土になりたい
生きようとする命を育めるから

私は空気になりたい
いろんなのモノに必要とされてるから

私は木になりたい
争うことをしないから

私は風になりたい
罵る思いを持たないから

私は人になりたい
生きる喜びを知りたいから


作詞:クァン
[PR]
by niceness | 2006-09-25 01:38

Do not do.

夜の火遊びはやめなさい。
グラスに口紅を残さないように。
不意に二人きりにならないように。
誰かれかまわずキスするのはやめなさい。
ぬいぐるみを抱いて寝るのはやめなさい。
お酒に弱いフリをしなさい。
カフェインを摂り過ぎないように。
タトゥーなんて、絶対ダメ。
向こうからアプローチしてくるまで待ちなさい。
つまみ食いはやめなさい。
カラオケマイクを独り占めしてはいけない。
やたらにアタックするのはやめなさい。
食事中に脚を組むのはやめなさい。
ヒールは彼よりも背が低くなるように。
父親を心配させてはいけない。
毎日合コンするのはやめなさい。
ケバケバしい服はやめなさい。
思わせぶりな態度をとってはいけない。
彼からのプレゼントを質屋にもっていくのはやめなさい。
大盛りの注文はよしなさい。
年相応の服装を心がけなさい。
夜遊びはほどほどにしなさい。
オールで遊んで、そのまま会社に行くのはやめなさい。
行きずりの恋はやめなさい。
感情的になるのはやめなさい。
ウソをついてはいけない。
奇抜な色のネイルはやめなさい。
大声で笑うのはやめなさい。
二日酔いになるほど飲んではダメ。
歩きながらの携帯メールはやめなさい。
賭け事はやめなさい。
周りが見えなくなるような恋愛はやめなさい。
夜9時以降の飲食はやめなさい。
朝帰りはやめなさい。


いけないこと、してみたい。


引用元:LEVI'S LADY STYLE
[PR]
by niceness | 2006-09-09 21:20

Sensibility aspect and Material aspect.

ある日、大変なお金持ちが、息子を連れて田舎へ行きました。
息子に、世の中の人々が実際にどれほど貧しいのかを見せようと思ったのです。
 そしてその父親と息子は、田舎の大変に貧しい農家で数日を過ごしました。

 田舎での滞在を終えて帰る道中、父親は息子に「どうだ?」と尋ねました。
「とってもよかったよ、お父さん」
「どんなに貧しいか、わかったかい?」と父親が聞きました。
「そうだね。よくわかったよ」と息子は答えました。
「おまえはこの旅で何がわかったんだい?」

 息子はこう答えました。

「僕たちの家には犬が1匹しかいないけど、あの農家には4匹いたよ」

「僕たちの家には、庭の真ん中までのプールがあるけど、あの人たちのところには、どこまでも続く川があるんだね」

「僕たちは輸入したランタンを庭に下げているけど、あの人たちのところには夜、満天の星空があるんだね」

「僕たちは、小さな地面に住んでるけど、あの人たちの住んでいるところは、見えないぐらい遠くまで広がっているんだね」

「僕たちには、僕たちに奉仕する召使いがいるけど、あの人たちは、他の人たちに奉仕しているんだね」

「僕たちは自分たちの食べ物を買うけど、あの人たちは自分たちの食べ物を育てているんだね」

「僕たちの家の周りには、僕たちを守るための壁があるけど、あの人たちには守ってくれる友だちがいるんだね」

 息子の返事に、父親は言葉を失いました。

 そして、息子はこう言いました。

「お父さん、僕たちがどんなに貧しいかを見せてくれてありがとう」

物質的な価値観にとらわれた父親が気づいたことは、まったく新しいことではありません。
ただ「忘れていた」ことだったのです。

[PR]
by niceness | 2006-08-16 15:26

By Myself.

a0018199_252930.jpga0018199_254479.jpga0018199_255512.jpga0018199_26577.jpg





もっと自分を大事にしよう

親が子供に与えてやれる最も大切でかけがえのないもの

それは、自分を大切にする能力だと思う

自分に正直になる能力が残されていれば必ず回復できる

[PR]
by niceness | 2006-08-14 02:19

maidoari !


a0018199_18361661.jpg a0018199_18391271.jpg








お昼寝@この木何の木気になる木

[PR]
by niceness | 2006-05-28 19:07

Question from me ten years ago.

リマインダーメールを、出した。自分へ。


10年前に愛していた人を、今でも一番愛していますか?

10年前にがんばっていた仕事を、今も続けていますか?

10年前いつも一緒だった友達は、今も一番の親友ですか?

10年前泣いた映画で、今も泣けますか?

10年前楽しみだった誕生日は、今も楽しいものですか?

10年前なりたかった自分に、今なっていますか?

10年前に探していた自分の居場所は、みつけられましたか?

10年前の正義感や情熱を、今も持ち続けていますか?

この10年間、精一杯生きましたか?


引用元:神様はサイコロを振らない

[PR]
by niceness | 2006-02-24 00:16

solitary.

二十億光年の孤独       作詞:谷川 俊太郎

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする

火星人は小さな球の上で
何をしているか 僕は知らない
(或いはネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ

万有引力とは
ひき合う孤独の力である

宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う

宇宙はどんどん膨らんでゆくa0018199_15375487.jpg
それ故みんなは不安である

二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした
[PR]
by niceness | 2006-02-14 00:00

kibou


騒がしく、あわただしい毎日の中で、
落ち着きを無くさないように

一日に数分でも静けさの時をつくり
心の平安を味わうこと

相手に降伏することなく、
しかしできる限りの努力をして
多くの人々と良い関係をつくること

あなたがこれは正しいな、と思うことは
静かに、しかし、明瞭に表現すればよい

そして一見無知性、無教養と自分には見える人にでも
耳を傾けることを忘れないように

というのは誰でも自分のストーリーをもっているから

遠慮なく荒々しく土足で
踏み込んでくるような人は避けること

このような人はあなたの精神を毒することになるから

人の目ばかり気にして、チマチマ生きてると
うぬぼれか落ち込みかの落とし穴にはまるもの

あなたより優れた人も、あなたより未熟な人もいる
肝心なことはあなたなのだ

あなた自身の生活の中身
これがあなたにとって最大の関心事とすればよい

あなたが今までやり遂げてきた事を
素直に楽しめばよい
これからの計画を楽しく立てること

あなた自身のキャリアに深い関心をもち
これを育てていくこと

人目をあまり気にすることはない。
あなたのキャリア、つまり、あなたの真の実力こそが
移ろいやすい時の流れの中で確かな財産の一つなのだ

ビジネスの世界では気を配るように
世間には目には見えない落とし穴がいっぱいあるから

しかし、その同じ世間の中にダイアモンドのように
きらめく人の行いがあることを見逃してはならない
高く理想を掲げて生きている人はいつもいる

目をよく見開けば、こちらが驚き感動するような
生き方をしている人はあらゆるところに存在する

自分自身を生きること
ふりをしたり見せかけの愛情でごまかしたりしないように

世間が冷たいからといって
すねたりむくれたりしないように

一見どんなにつらく、
がっかりするようなことがあっても
やがて時がくれば春の若草を育むように
天はあなたを助けてくれる
時期がくるまで準備をして待つこと

知恵をためながら歳をとっていくように
いつまでも若さにしがみついていないように

いつ降ってくるかわからない
不幸や不運に抗するために
日ごろから心の力を蓄えておくこと

だからといって
未来に怯えてびくびくしないように

多くの場合、
びくびくは過去からの条件付けの結果である場合が多い

疲れたときや孤独にはまり込んだときなど
「怖い」という感情に人はおそわれるもの
あなただけではない
誰でもそうなのだ

明るいイメージを自分自身にもつこと

自分自身を大切に扱うこと

あなたは大自然や大宇宙と同じように
宇宙に生きる子供なのだ

あなたはこの惑星で生きるべき意味をもっているのです

それを自らの責任で実行しようとする時
あなたは本物の自分を生きることになる

私達の理解を超えて
その偉大なる宇宙は
その行くべき方向に向かって進んでいる

あなたが神様をどのようにイメージしようがしまいが
それとは関係のないところで
宇宙は自らをまっとうしている過程にある

心の内なる平安を保つこと

混乱と激動の日常の最中で
何を望み、何をやっていても
あなたの魂の底に
「流れ」を認得する目をもつこと

一見どうしようもないように見える
逆境と挫折の最中に
美しい世界が、新しい世界が生まれてくる

明るくしなやかに生きること

幸せになることを、あなた自身が選び取って
その道で努力すること
a0018199_233456.jpg

[PR]
by niceness | 2006-01-18 23:06